男性用では駄目なの!?女性には女性の育毛剤を!

抜け毛の仕組みを理解する

もし女性が薄毛で悩んでいる時、夫の育毛剤をそのまま使ってもあまり効果がありません。もちろん全く無意味という訳ではありませんが、男性の薄毛と女性の薄毛はメカニズムが異なるということを理解します。男性は主に男性ホルモンの影響で薄毛に繋がりますが、女性の場合はホルモンバランスの乱れが主な原因です。なので女性はホルモンバランスの乱れを正常に戻して、ヘアサイクルを考えることで薄毛を解消できます。女性用の育毛剤は、このような事実を考慮して作られています。

抜ける前に予防しておく

女性は生理があるので一ヵ月の間にホルモンバランスが目まぐるしく変化します。更に出産や閉経など体が大きく変化する瞬間があるので、女性はその都度何らかの対策をしなければいけません。特に出産はまだ若い時に経験するので、そんな時に薄毛に悩まされるとこの先どうなるのか不安が大きくなります。なので、もし妊娠が発覚したら、髪に問題がなくても育毛剤で対策しておくことも大切です。事前に対策しておけば、それほどひどい状態にはなりません。

閉経後は更にケアが必要

女性は、遅かれ早かれ閉経の瞬間を迎えます。閉経すると、女性ホルモンが急に減るのでそのタイミングで抜け毛や薄毛に悩まされる女性は多いです。閉経して薄毛になってきてから育毛剤を使用してもタイミングとしては少し遅いので、薄毛が気になりだす前から育毛剤を使用しておきたいです。閉経すると必ず髪が抜けるという訳ではありませんが、抜けると仮定して対策しておくことは有益です。女性にとって髪は特別なものなので、しっかりケアしたいです。

育毛剤を女性が使うメリットとして、頭皮に優しい成分を効率よく摂取できることや、抜け毛のリスクを回避できることがあります。