歯科医師だけでない歯科衛生士の実力も歯科の選び方のポイント

インプラントは最終的な選択

最近の歯科の紹介にはインプラントを中心とした治療を中心にしているような歯科をみかけます。確かにインプラントという選択肢があるおかげで多くの人の歯や口腔内の健康維持の向上にもつながっているとは思いますが、あくまでもインプラントは最後の塞という見方が本来の姿で、できるだけ自身の歯を残す事が最優先なのだといえます。インプラントの手術には技術力が必要になりますから、ある意味専門医的な存在の歯科医師がいるのも理解はしていますが、インプラントをする前に行える事がもっとあるはずなので歯科を選択する時にインプラントを薦められた場合には、セカンドオピニオンではありませんが、別の歯科医師の見解も聞いてみる事が大切になります。以前い比べると安定感のあるインプラントですが、それでもインプラントをしたからあまりそこの歯は使わないようにしているというような何のための治療なのか理解ができないようなケースもあるので、慎重な対応が必要になります。

定期的な検診で歯科医を選ぼう

歯科医師の実力や治療方針を知るのに最も良いのは、最初は検診や歯石の除去などを目的でいく事がポイントになります。もちろんその時にかなり進行をしている虫歯や歯周病があれば、即治療という形にはなりますが、現在の歯科医師の治療方針の多くは、虫歯だからといってすぐうけるのではなく、経過観察をしながら必要に応じて削るというのが基本になっています。これは、歯を一度削るとどうしても耐久力が下がる傾向にあるので、ごく初期の状態の虫歯であれば経過観察という事で様子をみていても問題はないと言われています。仮に進行した虫歯や歯周病などの場合には治療になりますが、その時も治療前にしっかりとどのような状況だからこのような治療をするという説明をしてくれる歯科医が良いといえます。よくあるケースですが、患者からは質問がしにくいのも事実なので、歯科医師の方から何か質問はありませんか?の一言があるだけでかなり変わってくるといえます。患者の話をきいてくれて、治療の内容も明確に説明してくれる丁寧な歯科を選択する事が良い歯科の選び方になります。

歯科衛生士やスタッフの対応で歯科医を選ぼう

歯科に行くと虫歯や歯周尿の治療に関しては歯科医師が行いますが、検査や歯石の除去などは歯科衛生士が行う事が行う歯科が多くあります。この時の歯科衛生士の技術や対応もとても大切な事で、丁寧な歯石除去やプラークコントロールの指導の際にも慎重な対応をしている歯科衛生士のいる歯科は良く教育がされているだけでなく、歯科衛生士個々の実力も高いといえます。特に口腔内の環境があまり良くない状態の人というのは、基本的に歯科があまり得意ではない人が多いので、丁寧な対応や指導が通院しやすい環境をつくる事にもつながります。歯科だけに限らず医療機関全体に言えることだとは思いますが、医師の実力はもちろん重要な事ですが、スタッフ個々の対応というのもとても大切な事だと思います。特に歯科は苦手意識の多い患者さんも多いので、歯科の選択にはスタッフの対応というのも重要な選択項目のひとつになります。

恵比寿の歯医者はホワイトニングやインプラントをしてくれます。平日夜20時まで診察をしているので仕事帰りでも気軽に立ち寄れます。