最近流行している、デリケートゾーンの脱毛の実態とは?

痛みは我慢することになります

美容に敏感な方であれば、デリケートゾーンの脱毛は必須といっても過言ではありません。では、実際にどのような感じで進めていくのでしょうか。まずは毛が非常に濃い部位ですので、多少の痛みは我慢をしなければいけません。それだけ毛根に対して光に反応しているということですので、効果があるがゆえに痛いと思って我慢をしましょう。最近では痛みを軽減するような脱毛機器も出てきていますので、まずは試してみると良いかもしれませんね。

事前の処理は大体でOKです

ほかの部位を脱毛する場合には、できる限り自己処理をしてくるように言われるものですが、デリケートゾーンに限りスタッフが行ってくれる場合が多いのです。なぜなら、粘膜を含む部位ですので、自分で処理をしている間に誤って傷つけてしまうことが多いからです。傷がついてしまうと施術をすることが不可能になってしまいますので、電気シェーバーなどを使って当日にスタッフが毛を剃ってくれることになるのです。長い毛などはカットしていった方が良いですね。

効果がはっきりと出る部位です

デリケートゾーンというのは、ワキと並んで、脱毛効果がはっきりと分かる部位でもあります。毛が濃いので光が反応しやすいのもそうですし、するっと毛が抜ける際にも目に見えて効果が分かるので、脱毛したという実感を得ることができるのです。大体二週間で毛が抜け落ちていくのですが、気が付けばショーツに短い毛がごっそりと付いていたということも少なくありません。効果が感じられるということで、このまま脱毛を続けようという前向きな気持ちにさせてくれる部位です。

VIOライン脱毛の信頼度の高いクリニックでは、経験豊かな美容外科の医師によるカウンセリングが受けられることが魅力です。